施工事例

N様邸リガーデン(エクステリア工事・ウッドデッキ・ウッドフェンス)

EXTERIOR

  • 施工事例

今回は、N様からリガーデンのお問い合わせがあり、

「庭の手入れを楽にしたい」、

「家から庭への出入りを楽にしたい」などのご要望をかなえるため

お庭の一部をリガーデンいたしましたので、

施工した部分を紹介します。

 

まずは、人工芝です。

元々は、天然芝を植えられていた部分で、

芝刈りや雑草の管理などの手入れが必要でした。

写真では分かりませんが、

人工芝用の防草シートを下に敷いているので、

雑草が生えるのを防いでくれます。

なので、見た目は青々としてきれいですが、

芝刈りや雑草の管理などの手間がかかりません!

 

 

写真奥の人工芝と植栽スペースの間は、

ピンコロ(約10㎝角の天然石)で芝止めをして、

写真手前の部分は、木製の見切りを施工してるので、

人工芝に土が入るのを防いでくれます。

 

続いては、犬走りとウッドデッキです。

犬走りは、建物の外周部の足元まわりを

石・コンクリート・砂利などで敷き固めた部分を言います。

施工前は砂利が敷いてありましたが、こちらも雑草が生えてしまい

雑草の管理に手間がかかっていました。

 

そこで、コンクリートを施工して、雑草が生えないようにしました。

また、コンクリートの表面は刷毛引き仕上にして、滑りにくいようにしています。

 

今回の現場は、基礎の立ち上がり寸法が高く、

地面(犬走り)からサッシまでの高さが約55㎝あったので、

掃き出し窓から庭へ出るのが大変でした。

 

そこで、ウッドデッキは、

上り下りがスムーズにできるよう

ステップを2段にして、1段の段差を小さくしました。

実際に、ステップを上がって頂いたところ、無理なく上り下りでき、

「2段にして良かった」とお客様にも喜んで頂けました。

 

ウッドデッキは、ハードウッドの「イタウバ」を使用しました。

イタウバは、クスノキ科の広葉樹で、

ブラジルが原産の耐久性が非常に高く衝撃にも強いハードウッドです。

詳しくは、弊社HP「ウッドデッキ販売」で紹介しています。

他のデッキ材ついても紹介しているので、ご覧になってください。

 

ウッドデッキの横にある室外機カバーは、

施工事例をHPに掲載させていただくお礼として施工しました。

正面は、ルーバー状になっており、

排熱の邪魔をしないように配慮しています。

この室外機カバーは、弊社オリジナルの商品で、

室外機のサイズを確認して、手作りで製作しています。

こちらも、ハードウッドの「イタウバ」を使用しています。

 

こちらの室外機カバーは、別の施工事例でも紹介しています。

販売もしていますので、お気軽にお問い合わせください。

 

最後に、ウッドフェンスです。

駐車スペースの幅いっぱいに目隠しフェンスとして施工しました。

フェンスの隙間から中はほとんど見えないので、

ウッドデッキで視線を気にせずくつろげます。

こちらも、ハードウッドの「イタウバ」を使用しています。

 

ウッドデッキ、ウッドフェンス、室外機カバーは同じイタウバを使用することで、

一体感が出て、まとまりのある景観になり、

ウッドデッキからは、家と庭の行き来がスムーズに行えます。

また、犬走りや人工芝にしたことで

お手入れも簡単に行える素敵なお庭なりました。

 

今回のようにリガーデンをお考えの方、

ウッドデッキ、ウッドフェンス、エクステリア工事をお考えの方は、

アルスガーデンにお気軽にお問い合わせください。