施工事例

T様邸 エクステリア工事一式

EXTERIOR

  • 施工事例

T様邸にて、エクステリア工事一式を施工致しました。

 

お客様のご要望をもとに提案させて頂いた

イメージパースからご覧ください。

 

道路から建物まで高低差が結構あるので、

玄関ポーチに続くアプローチ階段を施工しました。

縁石には、ピンコロ2丁掛けを使用しています。

ピンコロは、天然石を約9cm角に割ったサイコロ状もので、

2丁掛けは、1辺だけ長い直方体のピンコロです。

踏面(足を乗せる面)は、コンクリート洗い出し仕上にしています。

コンクリート洗い出し仕上は、

コンクリートに入っているの骨材(砂利)を表面に出す仕上げ方で、

コンクリートが完全に固まる前に、表面を水を流しながら、

ブラシなどで洗って仕上げます。

表面に出る骨材によって、見た目が変わるので

アプローチの彩りになります。

 

手すりを取り付けているので、

階段の上り下りが楽になります。

 

家の顔となる袖壁は、ジョリパット(アクリル系壁仕上げ材)で、

白く仕上げました。

表札はプライバシー保護のため、隠しています。

玄関の正面に位置しているので、ちょっとした目隠しにもなります。

 

駐車スペースは、車3台止めらる広々としたスペースです。

こちらは、コンクリート刷毛引き仕上にしています。

コンクリート刷毛引き仕上は、

コンクリート表面に刷毛で細かな凹凸を付ける仕上げ方です。

細かな凹凸ができることで、滑りにくくなります。

写真右上部分にも階段を施工しています。

 

その階段を上った先には、

テラスとウッドデッキがあります。

テラスがあると、雨の日でも洗濯物を干したりできるので、便利です。

 

ステップ1段付きのウッドデッキです。

樹種は、ハードウッドの「イタウバ」を使用しています。

イタウバは、クスノキ科の広葉樹でブラジルが原産の耐久性が、

非常に高く衝撃にも強いハードウッドです。

詳しく知りたい方は、

弊社HP「ウッドデッキ販売」で紹介していますので、

アクセントしてみて下さい。

テラス・ウッドデッキ下の犬走も施工しています。

ウッドデッキの上にテラスの柱があるように見えますが、

テラスを先に施工していて、柱は地面に埋まっています。

柱の部分は、板をくり貫いて施工しています。

ほとんど柱との隙間がなく施工するのは、

職人の腕の見せ所です。

 

建物の北側、東側には、防草シートを敷いて、

その上に6号砕石という粒の大きさが揃っている砕石を敷きました。

雑草対策になるだけでなく、泥跳ねによる建物基礎の汚れも防いでくれます。

砂利がこぼれないよう、見切りとしてピンコロを並べています。

 

施工後の全体を写した写真がないので、比較しにくいですが、

イメージパース通りの仕上がりになっています。

 

使い勝手の良いオープンなお庭になりました。

 

ウッドデッキ、ウッドフェンス、エクステリア工事をお考えの方は、

アルスガーデンにお気軽にお問い合わせください。