施工事例

K様邸 エクステリア工事一式

EXTERIOR

  • 施工事例

K様邸にて、エクステリア工事一式を施工させて頂きました。

完成した写真がこちらです。

こちらは、K様のご要望をもとに提案させて頂いた

イメージパースです。

イメージパースの芝はイメージなので、

実際の写真にはありませんが、

イメージ通りの仕上がりなっていると思いませんか。

 

駐車スペースは、コンクリート刷毛引き仕上にしています。

コンクリートを仕上げる際に、

刷毛で表面に細かな凹凸をつけて仕上げます。

そうすることで、雨の日などでも滑りにくく、安全に歩けます。

駐車スペースは奥行きがあるので、縦に2台止められます。

カーポートを設置しているので、大切な車を雨などから守ってくれます。

 

こちらは、工事前の玄関ポーチです。

玄関の正面にのみ階段が付いていたのですが、

アプローチの方向が横からなので、側面に一段追加しました。

違和感なくきれいな仕上がりになっています。

アプローチは、ピンコロ(約9cm角に割った天然石)で、

等間隔に区切り、乱形石張りとコンクリートを施工しています。

乱形石張りとは、形や大きさが1枚1枚違う天然石を

張って仕上げる施工方法です。

石の形、大きさ、色合いが1枚1枚違うので、

世界に1つだけのアプローチになります。

 

家の南側には、タイルデッキを施工しました。

コの字型のステップが付いているので、

どの方向からでも上り下りが楽にできます。

タイルデッキの両脇には、犬走を施工しています。

 

道路に面している部分には、ウッドフェンスを施工しました。

先程紹介したタイルデッキがある南側からの写真ですが、

ウッドフェンスがしっかり隠してくれるので、

あまり見えません。

樹種は、ハードウッドの「ウリン」を使用しています。

ウリンは、別名「アイアンウッド(鉄木)」と呼ばれるほど、

高い耐久性を持っています。

ハードウッドについては、

弊社ホームページ「ウッドデッキ販売」のページで

紹介していますので、気になる方は、アクセスしてみて下さい。

 

家の北側と西側には、防草シートを敷いて、

6号砕石という粒の大きさが揃っている砕石を上に敷いています。

土の部分との見切りには、

アプローチでも使用したピンコロを設置します。

 

袖壁(門袖)は、小端積のようなデザインの貼り材と

ジョリパット(アクリル系壁仕上げ材)を使用して仕上げています。

アルミ製の笠木と貼り材がいいアクセントになっています。

袖壁前の乱形石張りの部分には、袖壁を照らすライトを埋め込んでいます。

暗くなると自動で点灯するので、夜は明るく出向かせてくれます。

 

貼り材や乱形石張りなど所々にアクセントの効いた、

お洒落なお庭になりました。

 

ウッドデッキ、ウッドフェンス、エクステリア工事をお考えの方は、

アルスガーデンにお気軽にお問い合わせください。